媽啦這哪招啊!!!!我無言了......




2012/10/19
「宝塚歌劇団 台湾公演」の演目が決定
すでにご案内のとおり、宝塚歌劇団では台北駐日経済文化代表処
(台湾の日本における窓口機関)他、台湾関係者の要請を受け、
宝塚歌劇100周年の前年となる99周年の記念すべき年である
2013年4月に『宝塚歌劇団 台湾公演』を実施いたします。

日本と台湾は地理的に隣接しているというだけでなく、
歴史的なつながり、あるいは経済・貿易の往来、科学技術、
文化や観光の交流の状況から見てもきわめて
密接な関係が構築されています。
又、東日本大震災の義捐金として多額の支援が
台湾の皆さんから寄せられたことは、
日本と台湾が強い友好関係で結ばれている証とも言えます。
これまで、宝塚歌劇団では通算24回、16カ国、
のべ128カ所で海外公演を実施して参りましたが、
台湾では初の公演となります。
今回の舞台をご観劇いただくお客様をはじめ、
公演に携わる多くの方々との交流を通じて、
相互の文化交流と両国の絆が
更に深いものになることを願ってやみません。

この度、演目が決定いたしましたので
皆様にお知らせいたします。
台湾の皆様に日本文化としての宝塚歌劇の魅力を
余すところなくお伝えするため、
台湾公演では宝塚歌劇団選りすぐりの作品3本を上演いたします。
第1幕は伝統の日本物ショー。第2幕はミュージカル。
台湾でもおなじみのキャラクター、怪盗・楚留香(そりゅうこう)
が宝塚の舞台に登場いたします。
“台湾のアルセーヌ・ルパン”とも言われる人気キャラクターが、
宝塚の舞台でどんな活躍を見せるか、
そんな期待があふれる作品です。
そして最終章第3幕は豪華絢爛な
タカラヅカレビューをお届けします。


【台湾公演】
星組
■主演・・・柚希礼音、夢咲ねね

舞踊ファンタジー
『宝塚ジャポニズム ~序破急~ 』
作・演出/植田紳爾

日本の芸能の原点、
能楽の基礎の概念を取り入れ構成した日本物ショー。
「和」の心、「祈り」の心、「抒」の心をテーマとし、
華やかに、躍動的に、また幻想的に日本舞踊に乗せて表現します。
 特別出演・・・(専科)松本悠里

ミュージカル
『怪盗楚留香(そりゅうこう)外伝-花盗人(はなぬすびと)-』
古龍作「楚留香新傅」風雲時代出版社刊より
脚本・演出/小柳奈穂子

酒と女をこよなく愛し、
冒険と正義のために盗みを働いては現場に
香の匂いを留めて去る洒脱な怪盗、楚留香(そりゅうこう)。
2007年にはF4のケン・チュウ主演でドラマ化され、
“台湾のアルセーヌ・ルパン”
とも言われる人気キャラクターの活躍を、
宝塚歌劇ならではの華やかな演出でお届けします。

グランド・レビュー
『Étoile de TAKARAZUKA(エトワール ド タカラヅカ)』
作・演出/藤井大介

Étoileとは、フランス語で“星”。夜空を染め上げる、
悠久の美しい星の数々、その星たちが織り成し形作る星座の神話から
受けたイメージをレビューで表現。
美しく輝かしいキラ星たちが奏でる、
美しくゴージャスなレビュー作品です。

なお、本公演に先立ち、
同じ作品を中日劇場公演として国内でも上演いたします。
詳細は以下をご参照ください。

≪台湾公演概要≫
■公演場所
国立中正文化中心 台北国家戯劇院(台北市中山南路21-1号)


■座席区分及び料金
SS席4,500台湾ドル、S席3,800台湾ドル、A席3,200台湾ドル
B席2,500台湾ドル、C席1,800台湾ドル、D席1,200台湾ドル


我看我買B席就好了......(煙)

全站熱搜

sensuikan 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()