今天又擠了一點牙膏出來(爆)


首先是星組,這次阿涼的BOW要演傲慢與偏見啊......
好吧我對這個的認知只有:著名小說,
完~~~全沒看過,去股狗了一下故事內容,
看來涼紫央應該會演Mr. Darcy吧~
這角色阿涼應該可以發揮的很不錯,
女主角伊莉莎白......星組娘役全不熟啊!!!
不過要把這個角色演出味道可能不太容易~


星組
■主演・・・(星組)涼 紫央

◆東京特別(日本青年館):2012年3月7日(水)~3月12日(月)
一般前売:2012年2月5日(日)
座席料金:S席6,500円、A席5,000円(税込)
◆宝塚バウホール:2012年3月19日(月)~3月31日(土)
一般前売:2012年2月18日(土)
座席料金:全席5,000円(税込)

バウ・ロマン
『天使のはしご』
~ジェーン・オースティン作「高慢と偏見」より~
脚本・演出/鈴木 圭
 
サマセット・モーム著「世界の十大小説」にも挙げられる
イギリスの女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」は、
17~18世紀のイギリスの片田舎を舞台に、
当時の女性の結婚事情と、
誤解と偏見から起こる恋のすれ違いを描いた恋愛小説で、
幾度となく映像化もされている名作。
若き日のローレンス・オリヴィエも演じた、
寛容でありながら「高慢」な男と誤解されがちな
ニヒルで高貴なダーシー役に涼 紫央を配し、
魅力的なキャラクターが揃った周囲との
ユーモラスなやりとりを交えた、
ウィットに富んだ上質なミュージカル作品です。


再來柚子這邊就微妙啦~~為啥初DC會是個個人秀呢???
感覺還真是有點小詭異啊~
不過籐井大介的秀向來很豐富,柚子演起來應該會很有趣~

星組
■主演・・・(星組)柚希礼音

◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ:
2012年3月8日(木)~3月20日(火)
一般前売:2012年1月8日(日)
座席料金:全席7,500円(税込)
◆東京特別(日本青年館):2012年3月25日(日)~4月1日(日)
一般前売:2012年2月12日(日)
座席料金:S席7,500円、A席5,000円(税込)

柚希礼音スペシャル・ライブ
『REON!!』
作・演出/藤井大介

第一部「RE(再び、あとに)」、第二部「ON(~に向かって)」
の意味合いをシーンごとに盛り込み、
「REON」が完成するという構成のショー。
鍛え上げられたダンス、
魅惑的な歌声で魅了する柚希礼音の新たな魅力を打ち出す、
都会的でクール、スタイリッシュでパワフルなスペシャル・ライブ。


雪組這邊......ドン・カルロス原本是義大利的歌劇,
故事內容...WIKI上很清楚,這個故事有愛情、不倫、宗教、政治,
感覺就是一整個麻辣,的確是還頂適合寶塚的戲碼,
只是希望別把角色改編的過於平板啊~


雪組
■主演・・・(雪組)音月 桂、舞羽美海

◆宝塚大劇場:2012年3月9日(金)~4月9日(月)
一般前売:2012年2月4日(土)
◆東京宝塚劇場:2012年4月27日(金)~5月27日(日)
一般前売:2012年3月18日(日)

グランド・ロマンス
『ドン・カルロス』
~シラー作「スペインの太子 ドン・カルロス」より~
脚本・演出/木村信司

16世紀のスペインを舞台に、
スペイン王子ドン・カルロスと王子を愛する
女官レオノールとの恋を軸に、
かつてドン・カルロスの婚約者で今では
ドン・カルロスの父親フェリペ2世と結婚した
イサベルをめぐる父子の思い、
フランドル(オランダ)の解放を訴える友人と
ドン・カルロスとの駆け引きなどが、
ドラマティックに展開する作品です。
愛と政治をめぐる葛藤を通して、
一人の青年が成長する姿を描き出します。

グランド・レビュー
『Shining Rhythm!』
作・演出/中村一徳

「光」「影」「ときめき」「喜び」、
そして「情熱」「躍動」をテーマに、
パワフルかつ幻想的に織り成す、ダンシング・ショー。
雪組のショースター、ダンサー、シンガーたちが、
心弾むリズムに乗せて、輝く舞台をお届けします。





全站熱搜

sensuikan 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()