我說退團一郎(爆)你劇本改得也太誇張了吧?@@


狐狸的退團戲從原本的賣魚郎變成了走私犯(爆)
當然不是狐狸飯的我是不可能留之前的故事大綱的,
翻遍各家狐狸飯的BLOG之後綜合出的印象是賣魚和捕魚兒子們之間的青春物語,
很憧憬黑道老大,覺得這樣比捕魚賣魚神氣,
一個人搗蛋一個人頂罪的故事,因為舞台是港都馬賽,
雖然覺得故事不怎樣不過好像會很有趣~

改過之後變成...以1930米國禁酒法年代、
從馬賽走私高級紅酒到米國的故事(爆)
主人翁回到14年不見的馬賽尋找兒時玩伴,
希望兒時玩伴幫助他以黑手黨的力量走私高級酒到米國,
不過主人翁其實是國際刑警,主要是要調查走私問題~
(其實這應該是菸酒槍械管制局的工作吧)(爆)
的確是比原來的劇本要壯闊一點啦...
是說小池叔叔搞壯闊的功力絕對比某草野好很多(爆)
應該是可以期待一下~~

這個退團一郎真的是很喜歡改劇本說...上次NSG也這樣玩過,
還好後來改得還算不錯,希望這次也可以改得很漂亮才是...
下禮拜就開始稽古了現在才改也是算你厲害啦~(爆)

這是演目發表時的簡介:
1930年代のマルセイユを舞台に、
二人のギャングの友情と一人の令嬢を巡る恋の鞘当を描いたアクション・コメディ。
音楽にはジャズやシャンソンを多用し、
歌うスター・春野寿美礼がその実力と魅力を余すところなく発揮します。

再來是修改之後的劇情大綱:
1930年代初頭のマルセイユを舞台にした、ピカレスク・ロマン風味溢れるミュージカル。
禁酒法時代のアメリカに高級ワインを密輸する計画を持つ粋でダンディな男と、
マルセイユを浄化するために努力する清純な女の間に恋が生まれ、偽札事件に巻き込まれて行く。
春野寿美礼のサヨナラ公演である。

1930年代初頭。アメリカで禁酒法が実施されていた時代。
美しい港町マルセイユは、マフィアが支配するフランス一の犯罪都市でもあった。 
この町で生まれ育った男ジェラール・クレマンが14年ぶりに帰って来る。
街の歓楽街を仕切る「夜の帝王」シモン・ルノーが出迎える。
駅前の大階段で、対立するオリオンとスコルピオの二派のギャング同士が女を巡って争い、
女をかくまった観光ガイドのマリアンヌは、ジェラールに助けられるが
「マルセイユを汚す夜の男たちの助けは受けない」と拒否し立ち去る。
ジェラールは、少年時代親友シモンを助けるため、濡れ衣を着て少年院に送られたが、
今はアメリカン・マフィアとの繋がりを持ち、
高級ワインの密輸ルート開拓の為シモンに力を貸して欲しいと言って帰郷したのだ。

実はジェラールは、少年院での模範生ぶりを国際刑事警察の創設者に見込まれ、
今では捜査員となっていた。フランスとアメリカを結ぶマフィアの密輸ルートを探るため、
派遣されて来たのだ。ジェラールは、シモンの経営するカジノで人脈を拡げる。
ジェラールは、彼とシモンの母親たちが一緒に働いていたマルセイユ名物のサボン(石鹸)工場を再訪する。
今では廃業した工場は、婦人参政権運動「アルテミス婦人同盟」の活動拠点となっており、
メンバーは、昼は観光ガイドとして働いていた。アルテミスのリーダーはマリアンヌであり、
理解ある市議会議員モーリス・ド・ブロカの指導のもと、ソルボンヌ大学受験を目指していた。
廃工場でジェラールとマリアンヌは再会する。
ジェラールは、アメリカではマルセイユ石鹸は高級品であることから、
婦人同盟の活動資金獲得の為に、サボンを造ることを提案し、モーリスも協力を申し出るが……。



    全站熱搜

    sensuikan 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()